心を浄化する

投稿日:2017年11月17日 更新日:

心を浄化するというのは人間的な欲を持たないことと考えてしまうと生きれません。
人間には最低限生きるには必要な食べ物や衣類や雨風をしのぐ家もいる。

易経では「聖人これをもって心洗い、
退きて密に蔵(かく)れ吉凶、民と患(かん)を同じくす。」

意味=これとは中庸の精神だ。
物事を判断するときに、中庸に判断するには、
事実を思い込んだり、こうなってほしいと言う願望を入れず、
私利私欲などを洗い流し浄化することだ。
そうすると人々の苦しみや悩みを自分のことのように感じ思いやれるほんとの心になる。

聖人でなくてもわれわれ凡人も意識してこの心境を作れば、
万事うまくいくことは間違いない。

体験を積み重ねると意識しなくても無意識でできるようになれ、
物事がうまく運ぶ事間違いなしである。

道=人間道と言える。私利私欲を離れできるの人徳のことだ。
道を貫くと徳ができる。
これを道徳と言う。
道徳は欲を無くすからできるのでなく、
欲を離れては道もできない。
ただ大志あって、セコセコした少欲を持たないだけだ。(安岡正篤さん曰く)

欲を少なくするのが心を浄化する本質だ。

これは理屈に過ぎない。
これを具体的に生活の中で実践することを楽しむ。
現実のあらゆるモノ、人に感謝し日々反省する事が実践だ。
欲を肯定するか否定するかと言った分別知(二元論)としない無分別(一如)に捉える事だ。

皆さんは心を浄化することどんな風にされていますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-
-