三つの眼

投稿日:2018年1月18日 更新日:

生きていくことは学ぶ事。
学ぶことは行動すること。
行動には方向性がいる。

その方向性を孔子は以下のように言ってる。

論語憲問第十四に、
「子曰く、君子は上達し、小人は下達する。
 子曰く、古の学者は己のためにし、今の学者は人のためにする」

意味=君子は天理に従って向上し、小人は人欲に従って下落する。
昔の学んだ人は自分の修養のためにしたが、今の学ぶ人は人に知られたいためにしている。

孔子は自分の主人は人欲でなく、天理であると言い切る。
学ぶ方向性は自分の主人を天理にちかずけ向上させる事だという。
論語の中に孔子は人欲からスタートし修養する事で天理を主人にしてきたと告白してる。

さて、人間は社会を形成する事で、一人で生きるより生産力の高いことを知り、
社会分業をし、技術の革新により新しい道具や商品を生んできた。
だから、人間として生きるという利己心を守るには天理に従うことでもある。

修養には三つの眼がいる。
1.鳥の眼=全体を俯瞰するマクロのまなざしだ。
2.虫の眼=現実的な具体的な方法論の眼である。
3.魚の眼=これは社会の変化やうねりという潮の眼を読む、流れを掴む時流である。

突き詰めれば生きることは人間を主要紙、人間を知ることと社会を知ること。
それに自然の摂理である。

皆さんはこの三つの眼どのように形成されていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-