努力する意味

投稿日:2017年9月29日 更新日:

「生老病死」というのは御釈迦さんがある時カピラ城をでて、
人が生きるのに必死になっていたり、老いることに苦しみ、
病に苦しみ、死ぬのを恐れている現実を見られた。

29歳になり、城を出て出家し如何に生老病死から解放されるかを探すたびに出たのである。
必死に仙人を訪ね考え方を学んだが答えはない、
次にとことん肉体をいじめたがそれにも答えはない。
大変な断食行をして死の一歩手前になって、
山から出てきてスジャータからヤギの乳粥を貰って生き吹き返すのである。

御釈迦さんは「覚者」となる。目覚めた人だ。
「苦からの開放」を遂げたということだ。

人間の苦は肉体的苦と精神的な苦の二つがある。
私たちの身心は「生老病死」生きることに苦しみ、老いに悩み、
病気にわずらい苦しみ、死を恐れるのが普通の事だ。
生きることに努力し、老いることを防ぐ努力し、病を治す努力をする。
ところが死ぬことにどう努力するかといえば、死なない人になることだとおもい当たる。
死なない人になるには怠らないこと(不放逸)。
ただ、吸って吐く、次吸えなかったら死である。

肉体的には死ぬ、精神的にも死ぬ事が死なない事であり、現実に生きることだ。
生かされてることである。
「苦からの開放」は楽する事でなく、呼吸の間に苦を寄せ付けない努力をすることで、
生きることに怠らないことである。

御釈迦さんは「苦行無益」とも言っておられ、
厳しい修行がよいことでなく、呼吸の間に隙を作らないで不死の境地を体得すると諭される。
葉隠れに「武士道とは死ぬことと見つけたり」という名言がある。
実は死を受け入れ生きることができたら、死の恐怖はなくなり「苦から開放」される。

御釈迦さんは不死の境地を得るために私心を超え恐怖心を克服し目覚めた覚者となった。
仏教ではそれを保つための生き方として「上求菩提 下化衆生」を実践する事だと諭す。
僧侶は仏法を伝えるのが使命で努力を怠らないことだが、
私たち生活者の努力する意味は仕事を通じて、
物心両面の幸福を味わい実現してもらうお手伝いして社会に貢献する事だ。

皆さんは努力の意味についてどうおもいますか?

no image

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

no image

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

no image

2021/01/09

「物のモノサシ、心のモノサシ」を教えるコロナウイルス

コロナウイルスが教えているのは一体何かを問えば、私たち一人一人の心のモノサシではないかと感じている。 モノを計ったりする ...

no image

2021/01/08

「習慣は第二の天性」安岡正篤に学ぶ

人間には四つの要素がある。徳性と知能(情報)、技能及び習慣である。徳性が本質で、知能や技能はいくら有用・有意義でも属性的 ...

no image

2021/01/06

「道元の覚悟」に思う

道元は実に面白い。 なぜ人間には仏があるというのに修行するのかが大疑問で、自分の師匠が病気にもかかわらず、比叡山を飛び出 ...

-生き方
-