成果を得続けるには

投稿日:2017年6月2日 更新日:

元アサヒビールの福地茂雄社長は「顧客満足はゴールのない駅伝競走」と語られていた記事を見た。
実に簡潔に事業に挑戦する姿勢は価値創造だと断言される。
1.価格競争は誰でもできる。価値競争は無限大で智慧のある人が参加する。
2.ウオンツは足元にある。お客さんから聞くことだ。
3.感謝から感激・感動の日本式の製品・サービスがないとだめだ。(期待以上の価値を求められる)
4.聞き上手に徹し情報力を張り巡らし異業種と交流する

最後に顧客満足にゴールはないと、
「心は形を求め、形は心を進める。形に心を入れることだ」

私たち仕事をするものは単にモノを売ってるのでなく、
モノに心をこめてお世話させていただく事が一番重要だ。
(仕事は人間から人間へだ)

自由な社会では競争と信用の二つが大事だという。
1.競争が価格でモノに重点の時代(利己心のむき出しの競争)
2.信用は会社が中心の時代(個人は無責任)

利己心がむき出しで肯定された時代であったが、
情報化社会になり、情報が誰でも手に入るようになったので、
個人と個人の信頼関係がスマホやインターネットで「時と場所」を瞬時に超えて関係ができる。
従来のような会社が信頼できるかではなく、
個人の人間性が問われ自己責任の社会になってきているのが現実だ。

個人が自由にネットに情報を流される時代、
ネット通販で取引が為され、騙された人も多く出ている。

ほんとの意味で人間力がいるし、人間を見抜く眼力を養う必要がある。
若くて体験が少ない人にとっては世の中を生き抜くのが恐怖な時代でもある。

私は人を見抜く眼力がないので、判断するときは「私心」をなくすことにしてる。
これもなかなかコツがいるが、毎日意識的に自分に言い聞かせないと自分の偏ったモノサシで事実が曇る。

これからの社会は、物質文明から精神文明へ、理性文化から感性文化へ、
民主主義の多数決から互敬主義へ世界は変わって行き進化すると断言されるのは芳村思風先生だ。

皆さんは変化する世の中で成果を得続ける秘訣いかが考えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/03/06

「グローバル資本主義」どこへ行く

資本主義には二つの考え方がある。1.アダム・スミスの言う自由放任主義。純粋に財には規制や税制をフリーにする。あるいは働く ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/05

「資本主義は人間が主人公」

渋沢栄一がNHKのドラマの主人公になっている。日本の資本主義を構築し、第一銀行をはじめ全国に金融の体系を確立した。彼は西 ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由を「部下が悪いと部下のせいにして自分は間違ってない」「ただ厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

-生き方
-