精神をよく用いる - デカルト

投稿日:2017年3月23日 更新日:

鷲田 清一さんの「折々の言葉」を読むのが楽しみだ。
今朝の新聞にはルネ・デカルトの、
「よい精神を持つというだけでは十分でないのであって、
大切なことは精神をよく用いる事だ」

ルネ・デカルト

この解説が非常に素晴らしいので前文を書かせていただく。
「優れた知性は人は正しく導きもすれば、
謀略や詐欺に役たちもする。
豊かな感情は人を鼓舞もすれば、
嫉妬で狂わせもする。」
その「よく」はどういうことか、
誰にもすぐには見えない。
むしろそれを問い続けるなかに人生の意味がある。
17世紀の哲学者の「方法序説からである。

教育で言われるのは「知情意」バランスよく学ぶとともに、
他人を利する倫理観や道徳観を養っていくのが人格形成であろう。

「知育、徳育、体育」をバランスよく形成するのが目的でなく、
デカルトが言いたいのは、精神を誰にどのように使うかが重要だというプロセス重視であると感じる。

仏教の世界観では「自利利他」の行動こそ大事だと対立する「と」の関係でなく、
融合する「の」の関係にする。「あなたと私」でなく、「あなたの私」と考える事である。
仏教ではこれを無分別知と解くのである。
私のできることは、身の周りの人から感謝し利己心を押さえ、
少しでも利他行をすることから実行することだ。

皆さんは精神を誰のために用いておられますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-