精神をよく用いる - デカルト

投稿日:2017年3月23日 更新日:

鷲田 清一さんの「折々の言葉」を読むのが楽しみだ。
今朝の新聞にはルネ・デカルトの、
「よい精神を持つというだけでは十分でないのであって、
大切なことは精神をよく用いる事だ」

ルネ・デカルト

この解説が非常に素晴らしいので前文を書かせていただく。
「優れた知性は人は正しく導きもすれば、
謀略や詐欺に役たちもする。
豊かな感情は人を鼓舞もすれば、
嫉妬で狂わせもする。」
その「よく」はどういうことか、
誰にもすぐには見えない。
むしろそれを問い続けるなかに人生の意味がある。
17世紀の哲学者の「方法序説からである。

教育で言われるのは「知情意」バランスよく学ぶとともに、
他人を利する倫理観や道徳観を養っていくのが人格形成であろう。

「知育、徳育、体育」をバランスよく形成するのが目的でなく、
デカルトが言いたいのは、精神を誰にどのように使うかが重要だというプロセス重視であると感じる。

仏教の世界観では「自利利他」の行動こそ大事だと対立する「と」の関係でなく、
融合する「の」の関係にする。「あなたと私」でなく、「あなたの私」と考える事である。
仏教ではこれを無分別知と解くのである。
私のできることは、身の周りの人から感謝し利己心を押さえ、
少しでも利他行をすることから実行することだ。

皆さんは精神を誰のために用いておられますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-