精神をよく用いる - デカルト

投稿日:2017年3月23日 更新日:

鷲田 清一さんの「折々の言葉」を読むのが楽しみだ。
今朝の新聞にはルネ・デカルトの、
「よい精神を持つというだけでは十分でないのであって、
大切なことは精神をよく用いる事だ」

ルネ・デカルト

この解説が非常に素晴らしいので前文を書かせていただく。
「優れた知性は人は正しく導きもすれば、
謀略や詐欺に役たちもする。
豊かな感情は人を鼓舞もすれば、
嫉妬で狂わせもする。」
その「よく」はどういうことか、
誰にもすぐには見えない。
むしろそれを問い続けるなかに人生の意味がある。
17世紀の哲学者の「方法序説からである。

教育で言われるのは「知情意」バランスよく学ぶとともに、
他人を利する倫理観や道徳観を養っていくのが人格形成であろう。

「知育、徳育、体育」をバランスよく形成するのが目的でなく、
デカルトが言いたいのは、精神を誰にどのように使うかが重要だというプロセス重視であると感じる。

仏教の世界観では「自利利他」の行動こそ大事だと対立する「と」の関係でなく、
融合する「の」の関係にする。「あなたと私」でなく、「あなたの私」と考える事である。
仏教ではこれを無分別知と解くのである。
私のできることは、身の周りの人から感謝し利己心を押さえ、
少しでも利他行をすることから実行することだ。

皆さんは精神を誰のために用いておられますか?

no image

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

no image

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

no image

2021/01/09

「物のモノサシ、心のモノサシ」を教えるコロナウイルス

コロナウイルスが教えているのは一体何かを問えば、私たち一人一人の心のモノサシではないかと感じている。 モノを計ったりする ...

no image

2021/01/08

「習慣は第二の天性」安岡正篤に学ぶ

人間には四つの要素がある。徳性と知能(情報)、技能及び習慣である。徳性が本質で、知能や技能はいくら有用・有意義でも属性的 ...

no image

2021/01/06

「道元の覚悟」に思う

道元は実に面白い。 なぜ人間には仏があるというのに修行するのかが大疑問で、自分の師匠が病気にもかかわらず、比叡山を飛び出 ...

-生き方
-