二宮尊徳に学ぶ

投稿日:2017年1月15日 更新日:

二宮尊徳(1786~1856年)は小田原藩を再興し荒廃した桜町を復興させ、
600ヶ村を蘇らせたと史実にはある。

飢饉に苦しみ荒廃して怠けていた村人に「土の中に徳がある、人の中に徳がある」と、
勤勉な働き者になって、自分も富を得る結果を作り出したのである。

善悪貧富盛衰存亡はみな同じだ。
「富道をおこなえば富、貧道をおこなえば貧する」ただそれだけだという。

自分の中に富を見出し、善を見出し行動すれば必ず因果応報になって結果がでるというのだ。

私たちは自分の眼で自分がいる環境を自分で善だ悪だとレッテル貼って、
悪をなくせばすべて善になると考え、自分異とって都合の悪い悪が起こることを嫌い、
悪が起こったら、その悪を退治しようと悪を見つめて生きているのが一般的だ。

結果は次から次へと悪が起こってきて、人生を溌溂と生きる勇気まで失っていくのである。
それはよりよく生きたいという執着心から考えるからだ。
言い換えると悪いこといやな事から逃げたいと考え生きることだ。

尊徳の発想は全く逆だ。
「土にとって善い事しよう、人にとって善い事しよう」と働きかける事だ。
「善因善果」の通りになるというのだ。

まったく理にかなった話しだ。

われわれ凡夫は自分の欲が先に立って発想し行動する。
だから、優しくされるといい人だと勘違いして騙され、
めんどくさいことや、困難なことを嫌って、優しく楽な事から行動しようとするのだ。
結果はそれなりだ。

尊徳に学び、「勤勉、推譲、倹約」を守り、生かされてる命に感謝して、
善行にこつこつ邁進する事だ。

皆さんは二宮尊徳の報恩の考え如何思われますか?

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

no image

2020/07/20

「才能と人格と人間関係」の三方を磨く

菜根譚(さいこんたん)によれば、「徳は才の主、才は徳の奴なり」才能と人格は車の両輪なのだが、人格が主人で才能は召使である ...

-生き方
-