二宮尊徳に学ぶ

投稿日:2017年1月15日 更新日:

二宮尊徳(1786~1856年)は小田原藩を再興し荒廃した桜町を復興させ、
600ヶ村を蘇らせたと史実にはある。

飢饉に苦しみ荒廃して怠けていた村人に「土の中に徳がある、人の中に徳がある」と、
勤勉な働き者になって、自分も富を得る結果を作り出したのである。

善悪貧富盛衰存亡はみな同じだ。
「富道をおこなえば富、貧道をおこなえば貧する」ただそれだけだという。

自分の中に富を見出し、善を見出し行動すれば必ず因果応報になって結果がでるというのだ。

私たちは自分の眼で自分がいる環境を自分で善だ悪だとレッテル貼って、
悪をなくせばすべて善になると考え、自分異とって都合の悪い悪が起こることを嫌い、
悪が起こったら、その悪を退治しようと悪を見つめて生きているのが一般的だ。

結果は次から次へと悪が起こってきて、人生を溌溂と生きる勇気まで失っていくのである。
それはよりよく生きたいという執着心から考えるからだ。
言い換えると悪いこといやな事から逃げたいと考え生きることだ。

尊徳の発想は全く逆だ。
「土にとって善い事しよう、人にとって善い事しよう」と働きかける事だ。
「善因善果」の通りになるというのだ。

まったく理にかなった話しだ。

われわれ凡夫は自分の欲が先に立って発想し行動する。
だから、優しくされるといい人だと勘違いして騙され、
めんどくさいことや、困難なことを嫌って、優しく楽な事から行動しようとするのだ。
結果はそれなりだ。

尊徳に学び、「勤勉、推譲、倹約」を守り、生かされてる命に感謝して、
善行にこつこつ邁進する事だ。

皆さんは二宮尊徳の報恩の考え如何思われますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-