無縄自縛(臨済の言葉)

投稿日:2016年10月2日 更新日:

「般若心経」は、観自在菩薩になる方法が書かれている。
この主人公の自由で自在な生き方をするのは、
不自由から開放され、迷いや恐れ、悩みからも開放されることである。

一言でいうと「悟る」とは自分の外に求めるものでなく、
自分の内の心を整える事なのだ。
なんだ簡単だとお思いになるでしょうが、
これが一筋縄ではいかないのも事実だ。

心とは何かを考え出してしまう。
悟りとは何かと考え出してしまう。
自分で縄を造ってしまうのですね。

臨済は「無縄自縛」と語ってる。
縄がないのに、
自分で自分を縛ってる事に気づかないのが凡人のわれわれだと諭す。

たとえば強盗に襲われ、縄で縛られて、
動けない状況なら、助けに入って、
縄を解いて自由にするのは可能だ。

ところが、誰かに縛られてるわけでもない、
縄がないのにも関わらず、自分で「縛られてる」と思い込んでるとしたら、
どうにも助けられないのである。

臨済は宗教だって「悟る」と言う縄となり、
人間を「縛る」ものに成ってしまいがちだというのだ。

本来の自由で自在になることのためにいろんな修行の方法がある。
日常生活者の私たちの言葉では「健康になる」と言う目的を持ったとして、
具体的方法を考え「一日5キロ歩く」と決める。

手段を毎日やってるうちに、
それにはまってしまい健康と言う目的を忘れ、
5キロが10キロになり、やりすぎて筋肉を傷めることがある。
手段が目的化するといいますね。
自分で縄造ってしまうのですね。
「ほどほどに」「いい塩梅」これが体得されれば自由で自在となることは間違いない。
まだまだ修行中

皆さんは縄がないのに自分を縄で縛ってませんか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-