時に四つあり(自分を見つめる宗教的時間)

投稿日:2016年9月30日 更新日:

道元は、
「ただわが身をも心をはなちわすれ、
仏のいえになげいれて、
仏のかたよりおこなわれて、
これにしたがいゆくとき、
ちからもいれず
心もついやさずして
生死をはなれて仏となる」

しかし、人間である以上こんな心境にはなれないのも事実だ。
道元は私のような凡人をすくう言葉を書いて残している。

「半究尽の有時も、半有時の究尽なり」

意味は時間と空間的存在が同時だが中途半端でもそれなりに尽くしてるというのである。

時間には四つの時間がある。
1.物理的時間・・・1日24時間だ。
2.心理的時間・・・楽しい事してる時間は早く感じ、
イヤなことしてるときは遅い。
3.相対的時間ーー時間の進み方は条件によって違う。
光速に近い宇宙船で宇宙を旅したら地球では10年でも宇宙船では5年となる。
同じ年齢でも若々しい人と、老いてる人と年相応の人がいる。
4.宗教的時間ーー時間を超越した時間(存在即時間)
この時間感覚を西田幾多郎は「不連続の連続」と表現してる。

戦前の日本人が無意識に持っていた時間は仏教的な宗教的時間だった。
戦後の復興したのは自己犠牲をいとはない献身的な行動があったからだ。
60年安保に続き70年の学生運動は、
国家は国民を騙したと政治的に反抗し反戦運動を意味も解らず私もおこなったものだ。

しかし、多くの大人たちは会社のために一丸となってより良い製品を生み出す努力を重ね、
社族といわれ会社の発展のため身を粉にして働いたお陰で80年代のジャパンイズナンバーワンが実現した。

それの反抗するかのように現代は個族の時代で、
家族も崩壊、村落共同体も崩壊して個人的自由を優先し助け合いの精神までなくなった様相だ。

現代社会にとってなくなったものは宗教的時間の観念だと推察する。

個人主義はおおいに賛成だ。
個人主義は元来自分の意見も主張できるが、
全く反対の意見も受け入れ、ともに共存する大きな愛と包容力と器量がいる。
これこそが理想の個人尊重主義であると確信する。

歴史に学び先人の智慧に学び、
現代をさらにより良く進化させ子孫に伝承するのが今を生きるものの使命だ。
そのキーワードに宗教的時間の観念がいるように感じるのは私だけだろうか?

皆さんは時について如何に考えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-