無無意識の世界こそ真如(般若の智慧に生きる)

投稿日:2016年9月24日 更新日:

白隠禅師は55歳ぐらいのときに5000枚達磨の絵を描いてきた。
ダルマが達磨に見えたら、私の書きたい達磨ではない。

意識した瞬間に「真如」、すなわち無意識の世界はかけないというのだ。
意識の反対の無意識でなく、意識も無意識も超えた無無意識とでもいう方がいい。

要するに「唯識」では識がなくなれば、悩む事も苦しむ事もない。
物事を識別(分別知)するから苦しみが沸いてくるというのだ。

理屈は何となくわかるが、社会生活は共通の意識と言う常識を共有する事で成り立っている。
これをすべて捨てろと言うと、社会生活ができなくなると極端に考えてしまうのも常識だ。

そうではない。

常識にとらわれて、○だ×だ、正が誤だと分別するからこそ苦しむのだというのだ。
二宮尊徳は「天に善悪なし」、道元は「善悪は時なり」と善悪は状況によって変わる。
人間が勝手に善悪を作っただけで、天にはもともと○×はなくひとつ「一如」だといいたいのだ。

その一如にも名前をつけた瞬間に意識が働き別のものになり、真如でなくなる。
どうすればいいのか?

雨が降れば傘をさす。
二階に上りたければはしごを造って上る。
ただただ現実に生きるとはこの行動だ。

これは学習による知恵、体験による知恵で分別知だ。
この知恵がわいてくる「根本の智」を「般若の智」と言ってみんなが平等に持ってる。
「無我の智慧」で「私」を捨て、なくしたところの智慧だ。

本当の世界は「無無意識」と言う「私」を捨てた意識、
分別しない意識、みんなが持ってる命から湧く根本の智だ。
白隠禅師は日常生活するものに「隻手音声」と言う公案を突きつけ、
常識にとらわれない般若の智慧を生き抜いた人に違いない。
「我見」を捨てろとわれわれに迫ってくる。

皆さんは知恵と智慧獲得されましたか?

大阪石材社長ブログ

2021/01/27

「青淵論叢(せいえんろんそう)」渋沢栄一に学ぶ

この本は渋沢栄一の三十一篇の講演・講義が年代順にまとめられたものだ。ビジネスをする者にとって利潤というものをどう見るかを ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/24

「森信三の言葉」に学ぶ

数年前になりますが、森信三さんの言葉をまとめられた寺田一清さんに佐藤一斎の「言志四録」をご講義いただきました。そこで、現 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/20

「病は不自信の処にあり」

「病は不自信の処にあり」と語るのは臨済禅師だ。「自信」というのを「信念」「使命」と置き換えてもいい。あるいは利他心の目覚 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

-生き方
-