「感性」を鈍らさない

投稿日:

感性論哲学の芳村思風(ヨシムラ シフウ)さんは「愛と意志」によって自分の長所を伸ばせとおっしゃる。
感性とは単なる感覚、感じることでなく、知的感性と表現される。

さて、よく子供の心を持った大人を素敵だという評し方がある。
まさに赤子のような心の持ち主のことを言うのである。
赤子の心とは何かと考えてみると、素直に感じる心である。
子供は怖い顔を向けると泣きだし、ニコニコすると笑いだす。

仏教ではこの心の在り方を「大円鏡智(ダイエンキョウチ)」と言って、鏡のように何でもありのままに映す「空の心」を言うのである。
古希とは孔子の言う「矩を踰えず」の年齢を生きている私は何でもほどほどにしなければならないと思うができてない。

自己正当化するつもりはないが、ある老人が「私はこの頃何を言われても腹が立たなくなりました。だんだん仏さんに近づいてきた証拠ですな」と言ったら、
即座に傍にいた坊さんが「あなたは仏さんから遠くなっている」というのである。

禅ではなんでも解ったふりして悟っているような態度をする禅者を「野狐禅(やこぜん)」と言って偽さとりというのである。
この老人は実は感性の感覚が鈍って、覚ったと勘違いしていると言ったのである。

年齢が行っても、感動する心、若々しく新しい発見を喜びにすることこそ良き生き方だと教えるのが禅だ。

先日、免許の切り替えに自動車学校で視力や認知テストを受けた。
視覚は180度見え、眼鏡をかければ視力(もともと近眼)も大丈夫だったが、反射神経は年相応だと言われた。
コロナウイルスの自粛要請も相まって、運動不足は否めないが、維持することを心がけねばならないと痛感した。

皆さんは感じる心鈍感になっていませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-