天の意志と人間の意志

投稿日:

人間の意志は何かを成し遂げようとする欲望のことだ。
この意志を貫くには天の意志をありのまま(如実)に理解する必要がある。

禅語に「好雪片片 不落別処」というのがある。
読み=こうせつへんべんとしてべっしょにおちず。
意味=雪がひらひら落ちているが、その雪はたまたまでなく、
   ただ落ちるべきところに落ちる。
 
私たちが喜ぼうが悲しもうが、ただ起きることが起きている。
これをありのまま(如実)というのである。
私たちから見て偶発的なことも、宇宙的秩序から見たら起こるべくして起こっている。
現実を100%受け入れることが天の意志を受け止めることだ。

一方、私たちには、作り出したい現実や変えていきたい現実があり、欲望もあるのが普通だ。
この人間的な欲望が悪いのではありません。
もし人間から欲望を無くしてしまったら、すべてが停滞して展開しません。
何が悪いか、である。
欲望に「執着」することですね。
自分勝手な「利己的欲望」に支配されることなんですね。

ここに「苦しみ」が生まれるのである。
苦から解放されたいなら、因果の法則に従って「善因善果」の行動することだ。
それには自分の心を浄化し高める日々の行動がいる。

私のような凡人は善悪、損得、好き嫌いという分別をして、
自分本位に考え苦しみ悩みを作って生きていることに気づかないのだ。

これを解決するには、仏教で二つのことを気をつけろと諭す。
1、分別知を否定し無分別知になれ、主観的な思い込み観念から離れよ。
  事実をありのままに(如実)見ろ。
2、心は温度や物理的な差によって、
 苦しくなったり楽しくなったり感情(錯覚)を興してることに気づけという。
(一時的なこと)例えば山を登ると足がつらく苦しい、
平地を歩く足が軽くなって楽になるという感情がわく。

さて、天の意志を100%受け入れ自分にとっての都合の良いこと悪いことを分別しなければ、
人間の意志は貫け、現実に対処する知恵が湧いて道が開けるというのである。

事実は天の意志、これからのことは自分の意志、
自由意志で何とでも可能性を開けることができる。
天人合一することにより、現実をさらにより良くする方向に想像することができる。

皆さんは欲望を因果の法則にしたがってエンジンとして使われてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-
-