友のメール

投稿日:2014年2月15日 更新日:

ある会社の役員を引き受けた友がメールをくれた。
経営の要は1.情報の見える化と共有化。
        2.トップダウンとボトムアップのハイブリッド構造。
具体的にどんな方法でするかは企業によって違うが、
オープンな議論の場がいることも書かれていた。

さて、具体的な課題解決の前に仕事に取り組む姿勢を、
彼は『俺がやらなきゃだれがやる』『できるまでやる』精神がみなぎってる。

彼と同郷の元後藤田官房長官の五訓を紹介されていた。

1.出身がどの省庁であれ、省益を忘れ国益を思え
2.悪い、ホントの事実を報告しろ
3.勇気を持って意見具申しろ
4.自分の仕事でないと言うなかれ
5.決定が下ったら従え、命令は実行しろ

これは国家官僚を使う政治家の発言だが、
会社なら社長、部署なら部長、課なら課長だ。
どんな人も会社では社員だが、家に帰れば家長というリーダーだ。
家に帰れば家益を思う。
私の場合、家に帰れば自分が居易いように自分の利益を考えている。〔困ったもんだ〕

家益とは何か?
考えたことがなかった。

国家の経営も会社の経営も部や課の経営も家庭の経営も同じだ。
あるべき姿がいる。
ここを共有することから始めることが大事だ。

ところが、そんな事、暗黙にわかってると思っていて、
実はジュックリ話しこんでいないのが現実だ。
私にいろんなこと見直せというメッセージをくれたのかもしれない。

メールから友があるべき姿を共有する経営に戦ってる勢いを感じた。

みなさんは友のメールにどんなこと感じますか?

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

no image

2020/10/10

「不老不死」を求めるのは生の現実肯定

中国の道教は仙人思想で「不老不死」を求めた。 生を長く保ち続けるために不老長寿の薬を求めたと歴史に書かれている。 キリス ...

-生き方
-