人間の三楽

投稿日:2013年12月7日 更新日:

孟子は君子に三楽あると言ってる。
君子とは大人の人格を持つ人。
小人とは普通のわれわれである。

孟子曰く、「君子に三楽あり、而して天下の王たるは与(あずか)り存せず。
      父母ともに存し、兄弟故(こと)なきは、一の楽なり。
      仰いで天に愧(は)じず、附して人に怍(は)じざるは、
      二の楽なり。天下の英才を得てこれを教育するは、三の楽なり。
      君子に三楽あり、而して天下に王たるは与り存せず。」
意味は大人人格の人は社長や総裁や大臣といった王になることが楽しみではないと
孟子は言う。
   その三つの楽しみは、
   1.父母が二人とも存命で兄弟は息災で暮らしていること。
   2.上を向いて天に恥じる行いがなく、下を向いて人に恥じる行いをしないこと。
   3.天下の英才を集めて教育すること。
孟子は自分の出世や英達が目的でないと言い切る。

この三楽を今の私に当てはめると、父は亡くなり孝行が出来ない。
母は認知症でケアハウスにいて、週に2度はご機嫌伺いに行くぐらいだ。
兄弟は兄が亡くなり、姉と妹は遠方で暮らしているので母の見舞いの時、
近況を聞き食事をするぐらいだ。みんな健康に暮らしている。

さて二つめの楽は若気の至りで傍若無人、天に恥ずることも多くやった。
また、ともに生きる家族や仲間や他人を怒りや暴言で沢山傷つけてきた。
未熟な自分を反省するのみだ。
三つめの楽について、私は恩師が二人いて20数年学ばせていただいたが、
その意味を理解し、誰かに伝えたかといえば充分ではない。

これからは自分の体験や学んだことをさらに深め広めるとともに、
たった一人でもいいから、伝える努力をすることだ。

恩師小田切瑞穂先生は禅の言葉で「一箇半箇」といって、
一人前か半人前に伝えればいいと自分に言い聞かせておられたのを昨日のことのように
思い出す。

みなさんは三楽チェックされてどうですか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-