学ぶとは

投稿日:2014年3月31日 更新日:

歴史を学ぶとは過去と現代の対話である。
人間の学び方は昔も今も変わらないという話だ。

論語の雍也第六に冉求が孔子を持ち上げて謙虚に言ったつもりが、
核心を突いて論破される場面がある。

よく考えないで冉求の話しを聞いていたら、
下出にでて学ぼうとするいい奴と勘違いする。

「冉求(ぜんきゅう)曰く、子の道を喜ばざるに非ず(あらず)、力足ざればなり。」
「子曰く、力足らざる者は中道にして廃す(はいす)。今女(なんじ)は畫(かぎ)れり。」

意味=ぜんきゅうは先生の説かれる道を喜ばないわけではありませんが、
     ただ何分にも私の力が足りませんので行うことができません。
   
孔子は言われた、力が足りないかどうかは力の限り努力してみなければわからない。
    力の足りないものは中途で倒れるまでのことだが、
   
    今のお前は、はじめから見切りをつけてやろうとしない、
    それではどうにも仕方がない。

私はよく講演に行ったり、人の話しを聞く機会がある。
先日、ある講師が「私はこの話しを何十回もしてきた。これからもこの話で講師の仕事ができる。何故ならこの話しを聞いて二、三日覚えてる人は20%ぐらいいる。一週間たてば数%になり、実行する人は0.1%しかいないからだ。」

学ぶと言うのは『真似る』が語源だそうだ。
ただ真似すれば良いのに、聞いただけで達成感を持ってしまうのが凡人の私たちだ。

それは期末テストの前にたてる理想的計画と同じだ。
一週間、学校から帰って毎日7時間勉強する計画だ。
過去に一度も実行したことのない理想の計画だから作った瞬間に達成感を味わってしまう。
話の中味、計画の理想具合が良ければ良いほど自分が実行した気になるそうだ。

冉求も孔子にお愛想でいい話だといったが、学ぶ姿勢ではない。
孔子はその美辞麗句を見抜き「最初から実行しないで言い訳するな!」と弟子を諌めてるのだ。

みなさんは真似てますか学ぶために?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-