「月刊朝礼」26日の記事

投稿日:

毎朝現場ではラジオ体操をしてから、
「月刊朝礼」を読み合わせる。
その日のリーダーが感想を一言いうのである。

キリンビールの社長の布施孝之さんの若いころの話だった。
営業として月に数回通っていた得意先がある日、
他社のビールに変えられてしまった。
もちろん提案もいろいろやっていたのだがなぜかわからない。
そこで上司に説明したら、
一言「コミュニケーションというのは100%、受け手に権利がある。」
もちろんその後は「相手の話を徹底的に聴く」ことを実行された。

文章で読むと簡単だが、実際にできるかとなると話すほうが楽だ。
聴くのには忍耐力とテーマ設定があって意思疎通できる。
一方、ブレーンストーミングと言って自由に話し、課題を抽出したり、
IDEAを生み出したりする方法もある。
松下幸之助も「聞き届ける」と聞くだけでなく、
理解するとこまでとことん聞くことだと諭される。

聞き手に権利があるということは、
発信側が相手を十分理解しようという意思がいる。

中国の僧侶の仏光星雲(1927から)が人生二十を提案してる。
代表的なものに、
1生きていくうちに自分の敵になるのは自分自身
 (相手を敵にしてるうちは愚痴が出る行動しない)
2、生きてゆくうえで欠点になってしまうのは利己的な面だ
 (利己心はエネルギーで表面に出ると自己中になる)

偏見を持たないとか、物事に無知であることであったり、
傲慢になるななどを挙げてるが、相手を100%受け入れる度量が欲しいものだ。

皆さんはコミュニケーションを100%受け手の権利と考えられてますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-