お客さんは価値と意味を買っておられる

投稿日:

高度に発達した先進国の資本主義社会では、
効率よく品質の良い商品・サービスが当たり前であって、
お客さんが自分の好みに合わせて選ぶのも当たり前の買い方だ。

ところがITが発達した社会では、お客さんが情報を自分で手に入れ、
それに対する使い方や、使った人の感想まで情報を集め、
自分のライフスタイルに合った意味があるかを求める時代になっている。
お客さんが商品やサービスを好き嫌いで選ぶ時代から、
ライフスタイルで意味ある商品・サービスを作り出す時代になった。

お客さんはメーカーや流通業者から考えだされた商品・サービスを選ぶのでない。
お客さんが生産者になって、自分の生活スタイルに合うものを要望し作ってもらう、
オーダー化が始まっている。
供給側の創造した商品で満足するのでなく、
自分の生活スタイルに合った商品・サービスを望むのである。

供給者側にしてもオーダーですから、既製服のように売れない商品在庫がなくなることになる。
食材や食事にしても、オーダーを受けてから仕入れるので、
食材のロスをなくせるということになる。
発注は予約し前もってする仕組みがどんどん普及することになる。

最近コロナウイルスの発症で、自宅でご飯食べるようになった中で、
上場株式が全体下がってる中で、
新鮮な野菜に、料理の献立がパックになってる食材を運んでくれる
「オイシックス」の株が上昇してる。
この現象は近未来の食生活のスタイルを象徴してるように感じる。

お客さんの心の奥にある価値や意味を満足させる買い方の時代がこれからの方向性だ。

皆さんはお客さんの立場で考えておられますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-