「許す」と言うこと

投稿日:

「許す」と言うこと
誰にでも、一生許せない人や許せない環境、出来事がある。
自然を相手に許せないと言っても仕方ない。
また人災だと言って、社会という複数の人を相手にする場合もあるが、
煎じ詰めればある特定の人だ。

6年前になるが、大手術をすることになり死と向き合わなければならなくなった。
そのとき思ったのは、憎んだ人に許してもらい、関係を修復したいと思った。

それは「鏡の法則」と言う本を読んだからだ。
一番目には『母』だ。
30年来、口をきいてくれない。
原因の一番は、気に入らない嫁をもらったことだ。

次に共に事業で戦った、初期の心を許した親友だ。
彼にも『許し』の手紙を書いた。
その親友の友人が機会を作り20年ぶりに再開することになった。
私は少し緊張していたが、数時間たったとき親友の彼が泣き出した。
ビックリした。
私には何の交換条件もなく、自分から心を閉ざした未熟さを許してもらいたかっただけだ。

その時気づいた。
相手を許してるのでなく、自分が解き放たれ自由になり解放されていることを!!

先日ある人から教えてもらった。
『許せない』とは、
自分の心の中に刑務所を造ってもってるようなものだ。
時々、囚人〔許せないこと〕が脱走しないように管理するために、
過去を思い出して愚痴を言って人間関係も自分の健康もおかしくなるようなエネルギーを使うことだ。

まさに、この何十年間時々思い出し、また腹がたち二度と顔も見たくないと叫んでいた。
心は自分が正しい、相手が悪いとコチコチに固めていた。
母に対しては禁固刑30年、親友に対しては禁固刑20年だ。苦しかった。
こんな心の働きにエネルギーを使っていて、前向きな挑戦のエネルギーを自分で減らしてるのだ。
振り返ってみれば、ばかばかしくて愚かだ。

今は『母』とも『親友』とも、以前のように心通わせ話せる状態になった。

『許す』と言うことは、
自分の中にある『愚か』を認め自分を許すことだ。
私は自分の中の愚かさを隠し、ただ相手を許さないと自分の心に刑務所を作り、自分で苦しんだだけだ。
今は心の中に刑務所はない。
愚かな自分を『愚か』と素直に言え、『愚か』に甘えず、
自然からも人からも、ものからも出来事からも学び、
すこしでも進化成長する自分を楽しみにするようになった。

みなさんは自分の心の中に刑務所造っていませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-