写経が生きる

投稿日:

写経が生きる
奈良・薬師寺で「まほろば塾」が毎月開催されている。
写経勧進で西塔、金堂、講堂、玄奘三蔵堂を建てられた。

聖武天皇の時代一木一草を持ち、延べ260万人によって作られたのが東大寺大仏だ。
その心根を同じくして薬師寺は戦後、伽藍の復興をなしてきたのも、
写経と故高田好胤管主の三越で行われ辻説法だ。

今回も東北の震災に現在の山田法胤管主の発案で、
写経をして亡くなられた人の供養をしてもらおうと呼びかけられ実施。
薬師寺は興福寺と同じで法相宗で教義は『唯識』で、
「心のあり方がすべてを決める」という教えだ。
自分の心のあり方が原因となるので、心を整えることを第一義と説く。

『右は極楽、左は地獄 心一つが道しるべ』こんな句がある。

震災の心の傷は今も大きく残された人に重くのしかかっている中で、
墓も流され、家も仏壇も無く、お寺さえ流された人にとって写経勧進ができることは、
家族や先祖、友達への供養となり心を取り戻し感謝の念をよみがえらせたそうだ。

水産加工業をしていた、つだやすなりさん「きぼうのかんづめ」のなかに書かれているのは、
何もかも水に流されひとつのかんづめが残っていて、ふたを開けると食べられる鯖のみが入っていた。

そのとき『あの日、津波に流されずに、残ったものがあった。それは希望だ。』
こんな話を塾長の安田暎胤長老が話されて心打たれた。

自分のことより先祖のこと、自分のことより亡くなられた家族のことを気遣う心。
人間はなんとすてきな魂を持っているのだろうと思うが、現実の経済の不況にあえぐ人もいる。

塾長は東北震災だけでなく、生活の先行きの見えない現状に苦しむ人に松下幸之助さんの言葉を引用された。
 
松下幸之助いわく
『起こってしまった現実から、われわれは逃げることができまへんのや。
 あるがままの現実を素直にまず受け入れんとしょうがないわな。
 人間の知恵だけは無限や。
 知恵はだそうと思ったらいくらでもでる。
 解決の道はいくらでもある。
 不況はチャンスやで、不況やからこそ、新しいものうまれるやないか。
 不況やからこそ人も育つ。』

松下さんは『素直』これを一番大事にされ、門真のパナソニックの敷地内に素直神社があるそうだ。

素直には二つある。
1)事実のおこたったこと自分にとって良くても悪くても100%受け入れる〔厳しいな。できるか〕
2)事実にしたがって、自分のことを正直に表現し、判断の基準を良心や『お天とさん』に任す。
 〔これは決して開き直ってるのでも無責任にほったらかしにしてるのでなく、自分の我欲で判断しない〕

素直だけでは現実を乗り越えるエネルギ-には弱い。
人間は自分を信じ未来を信じ、心の中の絶望を排除して希望で一杯にすれば、
エネルギ-は未来へ爆発し行動する。

写経勧進が希望の光になって復興が現実に一歩づつ着実に歩むことを願う。
薬師寺で写経された浄財は復興資金として蓄積されるそうだ。〔ここ一、二年?〕

みなさん「写経が生きる」と思いませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-