親ももともと子供

投稿日:

子供にとって親を100%真似して大きくなる。
だから、親が自分と似すぎて嫌になる。
どうしても天邪鬼になってしまう自分がいる。

会社では上司がそうである。
上司に似てしまうのが一般的だが、
実は似すぎるのが嫌で、上司の前に行くと天邪鬼になる。

少子高齢化の現代は事業継承を息子に継がせる事が課題だ。
親より立派なことをしなければならないと気負ってしまい、
方向を間違ってしまう人もいる。

親ももともと子供であって、いろんな体験を通じて大人になり、
親らしくなる。
だから完璧でないのが普通だ。

すべての根源は親であるが、親は変わらない。
自分の非を認めないのが普通だ。
私は過去の自分を否定して家族に話し、今の自分の変化を話す。
そのように自分を変えないと進化しないと思っているからできる。

誰でも、体験して子供が大人・親になっていくプロセスで変化の過程だ。
大人になり・親になる。
以下の文章を見つけたので紹介する。

「自分が変わることを決める」

 認めさせようとする自分をやめる。
 認めてもらおうとする自分をやめる。
 人のことも自分のことも責めるのをやめる。
 自分を追い込む被害妄想をやめる。
  
 ただ、素直な気持ちで
 自分を黙々と改善する。
 
 親が気付けば子も変わる。
 自分が変われば未来も変わる。

 まずは「せい」という古くて愚かで、
 自分と家族を不幸に追い込むだけの
 無駄で不毛な責め言葉を今卒業する。

「せい」でなく「お陰さま」
「せい」でなく「有り難い」
「せい」でなく「自分が選んだ」
「せい」でなく「これからどうする」である。

皆さんは「せい」という言葉使いませんね?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-