親ももともと子供

投稿日:

子供にとって親を100%真似して大きくなる。
だから、親が自分と似すぎて嫌になる。
どうしても天邪鬼になってしまう自分がいる。

会社では上司がそうである。
上司に似てしまうのが一般的だが、
実は似すぎるのが嫌で、上司の前に行くと天邪鬼になる。

少子高齢化の現代は事業継承を息子に継がせる事が課題だ。
親より立派なことをしなければならないと気負ってしまい、
方向を間違ってしまう人もいる。

親ももともと子供であって、いろんな体験を通じて大人になり、
親らしくなる。
だから完璧でないのが普通だ。

すべての根源は親であるが、親は変わらない。
自分の非を認めないのが普通だ。
私は過去の自分を否定して家族に話し、今の自分の変化を話す。
そのように自分を変えないと進化しないと思っているからできる。

誰でも、体験して子供が大人・親になっていくプロセスで変化の過程だ。
大人になり・親になる。
以下の文章を見つけたので紹介する。

「自分が変わることを決める」

 認めさせようとする自分をやめる。
 認めてもらおうとする自分をやめる。
 人のことも自分のことも責めるのをやめる。
 自分を追い込む被害妄想をやめる。
  
 ただ、素直な気持ちで
 自分を黙々と改善する。
 
 親が気付けば子も変わる。
 自分が変われば未来も変わる。

 まずは「せい」という古くて愚かで、
 自分と家族を不幸に追い込むだけの
 無駄で不毛な責め言葉を今卒業する。

「せい」でなく「お陰さま」
「せい」でなく「有り難い」
「せい」でなく「自分が選んだ」
「せい」でなく「これからどうする」である。

皆さんは「せい」という言葉使いませんね?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-