親ももともと子供

投稿日:

子供にとって親を100%真似して大きくなる。
だから、親が自分と似すぎて嫌になる。
どうしても天邪鬼になってしまう自分がいる。

会社では上司がそうである。
上司に似てしまうのが一般的だが、
実は似すぎるのが嫌で、上司の前に行くと天邪鬼になる。

少子高齢化の現代は事業継承を息子に継がせる事が課題だ。
親より立派なことをしなければならないと気負ってしまい、
方向を間違ってしまう人もいる。

親ももともと子供であって、いろんな体験を通じて大人になり、
親らしくなる。
だから完璧でないのが普通だ。

すべての根源は親であるが、親は変わらない。
自分の非を認めないのが普通だ。
私は過去の自分を否定して家族に話し、今の自分の変化を話す。
そのように自分を変えないと進化しないと思っているからできる。

誰でも、体験して子供が大人・親になっていくプロセスで変化の過程だ。
大人になり・親になる。
以下の文章を見つけたので紹介する。

「自分が変わることを決める」

 認めさせようとする自分をやめる。
 認めてもらおうとする自分をやめる。
 人のことも自分のことも責めるのをやめる。
 自分を追い込む被害妄想をやめる。
  
 ただ、素直な気持ちで
 自分を黙々と改善する。
 
 親が気付けば子も変わる。
 自分が変われば未来も変わる。

 まずは「せい」という古くて愚かで、
 自分と家族を不幸に追い込むだけの
 無駄で不毛な責め言葉を今卒業する。

「せい」でなく「お陰さま」
「せい」でなく「有り難い」
「せい」でなく「自分が選んだ」
「せい」でなく「これからどうする」である。

皆さんは「せい」という言葉使いませんね?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-