「和」の風を吹かせるのがリーダー

投稿日:

仕事にしろ、人生にしろ人間関係を上手く結ぶ事が、
大きく結果が違ってくることは言うまでもない。
ところが、その基本的な関係を結ぶポイントは何かとなると、
さまざまである。

リーダーは集団を上手く統率したり、引っ張るコツは「和」の風を創ることだ。
志を高く、心のベクトルを「和」し、進むべく方向と方法を明確に創造的に前進する。

勿論メンバーは受動的に手段を作業化するのでなく、主体的に積極的に取り組む。
仕事・人生において結果がすべてだが、そのプロセスにおける手段方法は常に変化させ目標を具体的に仕上げる。

「和」の目的は一体感を生み出すことである。
正解はない。
呉子曰く、「まず和して而後に、大事を為す」
意味=物事は人の和が整えば造れる。

ユネスコ憲章の言葉に「戦争は人の心にある」と書かれている
自分の心から戦争を無くす努力がいるのである。
大事をなすには心が善で、心と心が和する状況、風を吹かせる。

韓非子の言葉に「聖人の治は、民を蔵して府庫を蔵せず」
意味=府庫とは財物・文書など入れる蔵で、
良い政治とは自分の懐を肥やして蔵に入れるのでなく、民の生活を優先して肥やし利益還元する。

仕事も人生も心と体を持っている人間が行うからには、
心の成長と、からだの健全性を保たなければ継続できない。
仕事や人生は物心両面の豊かさ、生きがいの両方が満たされてこそ現実化する。

人間は不完全で矛盾しているからこそ「和」して、
心と心が通い合う事が重要だ。

皆さんは「和」することどうされていますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-