「あるがまま」とは

投稿日:2017年11月28日 更新日:

孔子は「仁」とは克己復礼と言って、具体的には礼を重んじる行動をする事だと教える。
その礼の基本は「親孝行」で、親に100%礼を尽くせるかである。

我々凡人は育ててくれたと尊敬はするが、
何があっても親に礼を尽くす事ができるかといえばできていない。
親も人間だから、どうしても親に理想を尺度に批判する気持ちが芽生え100%礼を尽くせない。

荘子の天運篇には、
「敬を持って孝するは易く、愛を持って考するは難し、 
愛を持って孝するは易く、親を忘るるは難し。」

意味=尊敬の念を持って親孝行するのは優しいが、
真心を持って孝行するのは難しい、
それでも、真心があれば孝行するのは優しいが、
親の存在を忘れる境地に達することはむつかしい。」

この親を忘れる境地とはどんなことかを荘子は商の国の宰相・蕩が「仁」について尋ねた答えがある。
1.人の心は人間だけのものでない、虎や狼も持っている
2.親の存在を忘れる境地に達するのは難しい、それでも親を忘れることはまだ易しい。
3.親に自分の存在を忘れさせることは、さらに難しい。親に自分の存在を忘れさせることはまだ易しい。
4.広く天下の存在を忘れさせることは難しい、広く天下の存在を忘れさせることはまだ易しい
5.天下の人々に自分の存在を忘れさせることは難しい、
このように次第に次元をあげてきて、結論を言うのである。

「至仁」という最高の徳に達するというのは、堯舜(中国の伝説的理想的帝王)の事すら忘れ、
真似事もしない.あくまで万民に恵みを与えながら、その恩沢があまりにも大きいために、
堯舜がやってくれてることを忘れている。ここまで来れば、「仁」とか「孝」もなくなる。
これが「あるがまま」無為自然ということだ。
ここまでの境地に達すると「仏」も「神」もないが「仏」と「神」になってるといっても良いぐらい自由自在を得るのである。

古人は「真に尊い道を備えた人は、君主という身分にも爵位も捨ててこだわらず、
どんな富にも勝る道を心得た人は、財産も捨ててこだわらず、
何にも増して望ましい道を心得てる人は、名誉も人気なども見捨ててこだわらない。」

「あるがまま」はなにも考えないで、ボーっと受身になることでもなく、
他人を救うといって意識することでもなく、具体的に万民を豊かにし、
自らの欲望をはるかに乗り越え、その存在すら消して他者に社会に役立つ具体的な行動する人だ。
臨済禅師は「釈迦もダルマも知らん」と偶像を作るなと言い放すのに通じる。

まだまだ、執着心にとらわれる自分がいるから、きっと一歩づつ未来の自分を発見する気がする。

皆さんは「ありのまま」どうおもいますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-