絶対がないということが絶対

投稿日:2018年1月24日 更新日:

楽しいことはすぐに覚えるし笑顔がでる。
楽しい事ばかりが起こるのは、楽しくない事があるから楽しいと思えるのだ。

青春時代は「絶対的なモノサシ」にあこがれ、世の中に正解があることを求めた。
壮年時代は絶対性がないことを思い知らされ、相対性の現実に悩み苦しみ迷ってきた。

古希を迎える年齢になって、正解という絶対性はないからこそ、
末来を生きる時間と希望と勇気が湧くことを知った。

「正義感」をかざして、単純な利他心を大儀に、
仕事に打ち込んだが天は私の心臓にいたずらした。
「正義」を一心に信じることは、独善の世界観である事に気付かされた。

人間もある年齢になると良い雰囲気がでると、シルバー川柳を読み笑顔になる。
実は息を止めて生き急ぐのでなく肩の力が抜けてるのだ。

【シルバー川柳】
 「紙おむつ 地位も名誉も吸い取られ」
 「デジカメは どんな亀かと祖母が聞く」
 「マイナンバー ナンマイダーと聞き違え」

ほんとに呆けてるのか、振りをしてるのかは解らない。
母が介護施設に入る条件として認知度合いが4でなければ優先的に入れてもらえないので、
医者の前で「あんた誰?」というのやと教えた。

しっかりそう言ってくれて、医者は、「これはかなりひどくなりましたね。」ということで、
認知度4を貰らった。

そこで、帰りの車の中で「上手く行ったね。」というと、
あっけらかんに「上手やろ」と返事した。
呆けてなく正常やと思い知った。

母が嘘ついてると咎める気持ちより、人間らしいと感じた。
人間は不完全な存在だし、自分を守る事が第一の利己的な存在に違いない。
社会では経済的には嘘は詐欺になるから、
罰せられアウトローになれば生きていけないから我慢する。

しかし、身を守るために少しオーバーに表現したり、
黙って意志を伝えなく嘘ぶることがある。
(許される範囲の誇張表現だ)

「柳に雪折れなし」ということわざがあるように、
しなやかに生きることが今後の課題だ。

だからと言って自分を偽ったり、迎合しようというのではない。
自分らしく右左の間を上手く自分の道を作りながらだ。
「中庸」とか「中道」というのはあるものでなく、
生死のようにどちらにも足を置きながら、
時には弱々しく、時にはたくましさに揺れながらしっかりとした足取りで歩きたい。

今までのように吸う息を意識するのでなく、吐く息を大事にして!
人間は愚かであり、人間は素晴しい。
この喜怒哀楽のなかで揺れながら動く心地よさを味わう。

皆さんの年齢ではどんな生き方を心がけておられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-