夢と問題と根気があれば

投稿日:2017年8月3日 更新日:

私たちの宿命は必ず死ぬということだ。
すると今日という日は自分の人生にとって一番新しく真っ白な日である。
過去は古くなって記憶にあるだけだ。
末来をどうにでもできる、わくわくどきどきする白紙の時間が与えられる。
今日という白紙の時間にどんな行動をして、どのようなテーマを描くか自分で決めれる。

芳村思風さんは、「夢」とは今を生きる力
「問題」とは今取り組むべきテーマ
問題のない仕事や人生を望むのいいが、
問題のない人生や仕事は進歩がないということだ。

現実に軸足を置いて望むから創意工夫し智慧が出る。
実際に行動するから実現もする。
さらにより良くしようと望むと問題がでる。

夢とは自分ひとりの夢だけでなく、どうしたら人の役に立つかという命の燃やし方だ。
これは論理的な理性で答えを出す事でなく、理性を超えた命から湧き上がるものだ。

夢が大きければ大きいほど問題もたくさんでてくることは間違いない。
高村幸太郎の詩を思い出した。
「僕の前には道はない、僕の後ろに道ができる」と記憶する。

新しい真っ白で自由な一日をワクワク迎える事に感謝する。
当たり前なんだが、こんな当たり前を見過ごしてきた事に気づかされる。

九州や東北で集中豪雨で災害にあって、
突然、家も家族も田んぼ、杉やヒノキを失った喪失感は考えても震えがくる。
私に何ができるか自問自答する。

同情し悲しみを共にすることもカンパ、ボランティアもいいだろう。
もっと突き詰めたら、おかれた環境で諦めず根気よく必死に生きる。
少しでも社会全体にまで響くぐらいに、
今の現状の仕事や人間関係をよくなる動きをすることで道を創っていく。

夢と問題と根気を自分の行動のエンジンにして現実とまっすぐ向き合う事だ。
皆さんは夢と問題と根気を現実をより良くするエンジンにしてますか?

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

no image

2020/07/20

「才能と人格と人間関係」の三方を磨く

菜根譚(さいこんたん)によれば、「徳は才の主、才は徳の奴なり」才能と人格は車の両輪なのだが、人格が主人で才能は召使である ...

-生き方
-