一芸に秀でる

投稿日:2016年3月4日 更新日:

恩師小田切先生が70代になっても、
全国を飛び回って150人の東方学術院(自ら主催)の仲間に講義をされていた。
毎日の日課は5時に起き寒風摩擦、水浴びを一日も欠かされなかったと奥さんから聞いた。

哲学者のカントも時計のような正確さで時刻を決め散歩をし、
周りの人は時刻表のように使っていたとある本に書いてあった。
一芸に秀でる人の特徴ではある。

愚問と知りつつ恩師にその生活ぶりについて聞いた。
「先生は日曜日はないのですか?」
恩師は即答した。
「真理を探究するのに休みはない」であった。

教育学者の森信三さんは経営者が精神的な支柱とし学ばれている人物であるが、
若いときに、『休息は睡眠意外には不要』と言う言葉に出会って自ら鼓舞したと語られる。

また、経営の神様と崇められる松下幸之助さんは、
『仕事が成功するかしないかは第二のことだ。
要は仕事に没入することである。
一心不乱になることである。
そして後生大事にこの仕事に打ち込むことである。
そこからものが生まれずして、いったいどこから生まれよう。』

安岡正篤先生は『但借身命、不惜身命』といわれる。

但借身命=本当に自分の身命(からだといのち)がいとおしく愛するなら、
命は死ぬので時間がもったいないから無駄なことに使いたく無く、真剣勝負する意味だ。
不借身命=自分の身命(からだといのち)を惜しむことなく、
夢・志に命を捨てる覚悟で、真剣勝負する意味だ。

仏教的で言うと『自利利他』である。
自利とは自分の利己心を捨てることはなく、本当に自分を愛してるなら命かけて発憤エネルギーにすること。
利他とは世のため人のために命がけで夢・志に向けて行動し、全うすることでもある。
行動の意味の表裏一体の解説だ。
こんな覚悟がなければ一芸に秀でれないのであると肝に命じる次第だ。

現実の自分の行動は全くできてないことだけは確かだ。(自他共の評価)
言い換えるとまだまだ成長する可能性があると明るく考えよう。

皆さんは一芸持っておられますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-